top of page

盛り上がる“金ピカ”の現場…米国で相次いだ銀行破綻で『金価格』が過去最高水準 百貨店に1億円超の商品も


アメリカで銀行の破綻が相次いだことなどから、いま「金」が過去最高の価格になっています。盛り上がる“金ピカの現場”を取材しました。

名古屋市中区の名古屋栄三越で始まった「黄金展」では、金工作家が制作した純金製のコチョウランやマツの工芸品など、およそ500点が展示・販売されています。  中には純金製の走る「機関車」も。価格は2200万円です。


会場にある物で最も高いのは、茶道具のセットです。 名古屋栄三越・ジュエリーサロンの店長: 「純金製の風炉と茶釜でございます。1億円を超えております」  純金700グラムを使った茶釜が2200万円、純金3200グラムを使った風炉が9790万円です。


いま金が注目されるのには、ワケがあります。 名古屋栄三越・ジュエリーサロンの店長: 「アメリカの金融機関の不安な材料から、金の価格が急騰しまして、史上最高値を更新しております」  大手貴金属会社の田中貴金属工業が発表した金の販売価格は、1g当たりで18日に9314円の過去最高値を更新しています。

 ロシアのウクライナ侵攻ですでに高騰していた金は、3月のアメリカの銀行の相次ぐ破綻を受けてさらに値上がり。円安が進んだこともあって、10年前のおよそ2倍の水準となっています。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page